FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日は快晴!

  • 2010/08/21(土) 16:19:50

はい!お久しぶりです!べんべら蝶です!もうすでに20日近くも過ぎているよ!
こちらは順調にマーシャル生活を送っております!

今週よりマーシャル諸島の公立学校すべてで授業がスタート!つまり、私の活動もスタートした…かったのですが、先週校長先生と話したとき、「あなたの好きな学年と学級を教えておkよ!」と言われたので、今週と来週の2週間は見学させてもらい、そのあとにどのクラスを持つのか決めてもいいことになったのです!これは珍しいことらしく(学校が始まるのと同時にこれる1次隊でも)、ウリガ小学校の校長先生(とてもやる気満々の、マーシャル人にしては珍しいタイプ)の理解と、同校先輩隊員のおかげなのだと実感!自分もそれに恥じないように、がんばらないと!

そんなこんなで一週間見てきて、実感したこと。それは。。。

校舎がn(伏字)

四則演算ができない

これはマーシャル(の公立校)全体でもかなり根の深い問題で、6年生になっても(ウリガ小学校では最上級学年)
 ・掛け算がままならない
 ・繰り上がり、繰り下がりができない
 ・割り算を間違える(6年生の先生が堂々と間違えているのにはちょっと・・・ex.816÷4=24)

といった状況だ(ほかにもたくさんあるが)。6年間の間で、これだけを学べばいいとすればかまわないのだが、授業ではそのほかに
 ・分数
 ・小数点
 ・乗数(この表現であっているっけ?)
 ・・・etc
もやらなくてはいけないため、どうしても押せ押せになってしまう。
低学年のころから集中的にやれればいいのだが、日本とは違い
 ・競争社会でない(Emmmanな社会のため、だれかが助けてくれる)
 ・南国(食べ物に一応困らない)
 ・家で勉強できる環境でない(日本のように机はないし、家では家事手伝い等を子供がするのはあたりまえ)

 ・やった分だけ報われることがなかなか・・・ほとんどない(身分制度があったり、職が少なかったり等)


ほかにもあるが、ざっとこのような感じ。それらを含めて、「なぜ勉強をするのか」「勉強の楽しさ/学ぶことの楽しさ」「数学の概念を理解する」等を、現地の先生とともに(先生への学術的指導を含めて)築き上げなければならないんですよね~

こんな私ができるのか・・・というより、当たって砕け散れ!のごとくやっていくのが青年海外協力隊!1年目をいろいろチャレンジして生きたいです!

最後に、マーシャルの写真(といっても語学訓練で訪れたクワジェリン環礁グジグ地区)・・・をうpしたかったけど、ちょとむずそうなので、今度にします!

それでは、 kommol tata!

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。