FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ね ず み (ちゅーちゅー)

  • 2011/07/15(金) 20:52:24

ねずみ・・・なんか貧相ですが
  / ̄\ / ̄\
 |  ||  |
  \ ∠_\ /
  /     丶
  | ●  ●|
  | 三(_●_)三
  人  |UШ \
 / __ 丶ノ/> )
(___)  /(_/
  |    /
  | /\ \
  | /  ) )
  ∪  ( \
     \_)

=================================================
 世界的にネズミは有史以前から人間が収穫した後の穀物を盗んで食べる害獣である。農作業において自然の鳥獣が時折田畑に食物を食べに出てくるのは自然なことであり、人間が自然の恵みによって間接的に自然から食料を得ているという意識のもとでは、そうした鳥獣は殺して駆除すべき対象ではなく、殺さずに追い払う対象であった。しかし、収穫後の穀物は自然と切り離された人間の所有物であり、それを食べるネズミは古今東西忌み嫌われてきた。
 アリストテレスの『博物誌』では、農作物に害をなすことが述べられているとともに、ネズミは塩を舐めているだけで交尾をしなくても受胎すると考えられていたほど、ネズミは繁殖力が強い。中世のヨーロッパでは、ネズミは不吉な象徴でありペストなどの伝染病を運んでくると考えられていた(実際、ペストの媒介動物である)。欧米では「ゾウはネズミが天敵」と信じられていた(ネズミはゾウの長い鼻に潜り込んで窒息死させると言われた)。これは単なる迷信などではなく、ネズミは自分より体の大きなものであっても襲うことがあるためである。人間の乳児や病人などはネズミにかじられてしまうことが多々あった。飢饉などで動けなくなり周囲も看病をできなかった弱った人間がネズミにかじられて指を失った事例などは世界中にある。
 また、ドブネズミ、クマネズミ、ハツカネズミの3種はイエネズミと呼ばれ、人間社会にとってもっとも身近なネズミである。現代でも病原体を媒介したり樹木や建物、電気機器などの内部や通信ケーブルなどをかじったりして人間に直接・間接の害を与える衛生害獣であり、駆除の対象となっている。
=================================================
以上、Wikipediaより。

言わずと知れた、人間にとって天敵です。え、ゴキブリはどうかって?もちろん天敵です。

ここマーシャルでもねずみさんはどこにでもいます(学校にはいませんが)。私の部屋・・・には出没しませんが、基本部屋近くのゴミ捨て場に生息しています。夜にゴミ捨てに行くと・・・うじゃうじゃとはいきませんが、でっかい何かがうごめいているので心臓には悪いです

けど、ずっとおおお前にも書いているのですが、私の大家の犬どもはとんでもなく狂暴にして名ハンター。狙ったものは一切逃がさず、執念を以て遂行しようとする大変お利口・・・なのですが、問題点は、「飽きやすい」やったら、それで終了。これで何度泣かされたことか・・・

え、どうしてこんな話題をしたかだって?そりゃねえさん

さっき蹴とばしたなんかがそれだったからだよorz

大家さ~~ん。お願い!早く処理してくれええええええええええええええええええええ

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。